2017年7月(できてまだ1ヶ月!)にオープンした、大注目スポット、
「のと千里浜 いい道の駅」にいってきました。
クルーズから車で20分。写真たっぷりでお届けします!

こちらが入り口です。
羽咋の町をパノラマで表現した絵をそのままロゴにしたというデザインだそうです。
こちらの道の駅のデザインは、あの「ひゃくまんさん」のデザインと同じデザイナーの方とのこと…
本当だとしたら、このかわいさ、おしゃれさもうなずけますね…!

道の駅に入ると、まず、羽咋米がお出迎え。
なんでも、無農薬、無除草剤、無肥料の、自然栽培のコシヒカリなんだそうです!
おみやげにちょうど良い大きさで、おしゃれにパッケージングされていますねー!

こちらもおみやげにぴったり。
地元で売り出されている様々な食品や農産物だけでなく、
この道の駅のために、地元の農家さんとお菓子屋さんがコラボした商品なども
いろいろありました。
羽咋のものだけでなく、能登のものもあり、(志賀町のものもありましたよー)
見やすく楽しいディスプレイで、見てるだけで楽しくなってきます。

もちろん食品だけでなく、焼き物や雑貨なども揃っています。

 

内装も、清潔感と暖かみがあるおしゃれなデザインです。

 

ドリンクも、地元にとことんこだわったお茶やジュースなどがたくさん!

 

そして大人気のパン屋さん「Farmers Bakery」
こちらは以前、羽咋市内の別の場所にあったのですが、
道の駅ができるにあたって、こちらに越してきたようです。
次々と新しいパンが焼きあがっていました。おいしそう!

 

そしてこちらは話題のレストラン「のとののど」の入り口。
石川ジビエ料理コンテストで最優秀賞を受賞したシェフが料理長のお店です。

こちら、ベジブロスという、野菜でとったおダシをふんだんに使ったお料理が特徴だそうです。
ですがおそらく、ほとんどの人は「ベジブロスってどんな味…?」って思いますよね。
なんと、お食事の前に、小さな器に入ったベジブロスが運ばれてきて、
試食(試飲?)できてしまうのです!
最初はお茶のような口当たりなのですが、あとで、お野菜の甘み旨味が一気にひろがります。
これが羽咋の野菜からとったダシかぁ…としみじみ飲むことができました。
その後のお食事がますます楽しみになりますね。

こちらは「里山グリーン」という名のパスタ。
道の駅自家栽培のハーブと季節の野菜を使ったバジルパスタだそうで、
一般的な道の駅のイメージとは全く違う、リッチな味わいでした。
濃い味ではないのに、食べ進むほどにおいしく、あとひく味…!
もしや、これがベジブロスの力!?と思いました。
子どもたちにも大人気。とってもおいしかったです。
もちろんほかにも、様々なメニューがありますし、季節によっても変わるようです。楽しみですね。

 

 

千里浜の道の駅には、全国的にも有名なマルガージェラートの店舗があります。
こちらはジェラートを食べるうちの子達。
ほとんど子どもたちに取られて一瞬でなくなりました。
個人的には、私はこのマルガージェラートのお店を目当てに、
この道の駅に通いたいくらいです…!!
オレンジバニラとマスカルポーネ、大変おいしゅうございました…
この道の駅のマルガージェラートは15時で閉店するのでご注意を!

ほかにも、能登ののどぐろなどを使ったお弁当屋さんもあったのですが、
とっくに売り切れになっていました。さすがですね…!

外には天然温泉を使った足湯がありました。
子どもたちは足湯が大好きで、
「気持ちよくて、じゅーっと(ずーっと)入っていたくなっちゃう〜」と大喜びでした

こんな表情ですが大喜びなのです。

そして大黒様の砂像も…!
実は羽咋には、あの「TVチャンピオン」の砂像コンテストで、
優勝した方が住んでおられるのです!
道の駅だけでなく、千里浜の海にあるレストハウスにも、この方の作った砂像が飾られています。

余談ですが、レストハウスのスタッフの方が以前おもしろい話をされていました。
レストハウスでは、毎年色々なモチーフで砂像を作ってもらっているそうなのですが、ある年、七福神をモチーフにした砂像を作ってもらったとき、今までにはない現象がおこったそうです。なんと…

急に砂像に小銭が供えられるようになった…!

みなさん神様をみるとお賽銭を投げてしまうのですね(笑)

他にも、広い駐車場には、無料で車のタイヤを洗える設備もありました。
千里浜なぎさドライブウェイのが近くにある千里浜ならではの心遣いですね。

 

今までの道の駅のイメージとはずいぶん違う、おしゃれで遊び心ある道の駅でしたー!
クルーズは千里浜道の駅から車で約25分です。
能登へ遊びに来られる際にはぜひお立ち寄りください。

千里浜道の駅のホームページはこちら

スタッフまいこ