スタッフまいこのブログです。
夏らしい話をひとつ。

クルーズから車で15分ほどのお寺に、お墓参りにいきました。

お寺に向かう途中の、火打谷(ひうちだに)というあたりの道は、
いまでこそきれいに舗装されていますが、祖母が小さい頃は、とても細く、真っ暗で木々が鬱蒼と生い茂る、いわゆる山越えの道だったそうです。
 
いまはこんな感じです。(googlemapより)今でも夜は怖そう
 
 
祖母のおばあちゃん(私から見たら高祖母)は、
いつも、志賀町の漁港で夜とれた魚を、
大八車(手で引いて歩くリヤカーのようなものです)にのせて、
隣町へ売りに行っていたそうです。
大八車ってこういうのだそうです。じ、時代劇…!
 
日中歩いては、魚が傷んでしまうので、歩くのは深夜。
2,3時間かけて歩き、朝一番に隣町で売るのです。
街灯など当然ありません。
聞こえてくるのは風の音と、自分の足音、時折よくわからない獣や鳥の声。

慣れた道でも、やはり真っ暗な山道を一人で通るのはとても怖かったそうです。
しかも、ある場所にさしかかると、いつも、自分の大八車が、ずっしりと重くなる。

いまでは考えられませんが、真っ暗な山道を、女性ひとりでひたすら歩いていくしかない…
怖い、怖い気持ちを抑えながら、重くなった大八車をただただひたすら引き続けたそうです。

そして、明るくなってきてから車の中身を確認すると、魚がいくつもなくなっているんだそうです。

高祖母は、たぬきかきつね、かわうその仕業だろうと言っていたそうですが、

小さな動物の仕業だろうと思っても、一人夜道で遭遇したときの恐ろしさを考えると、足がすくみます。

そして、これも同じ場所の話。
近所のおじさんが、火打谷のあたりの用水路の中を、なんと一晩中、必死に歩いていたそうで…。
明るくなってから
「あんた、何しとらいね!」
と声を描けられて、ハッと我に返った、ということもあったそうです。
おじさん自身は、なかなか家に帰り着かず、道を一生懸命歩いていたつもりだったと…。

たぬきかきつねに化かされたんだろうといわれていたそうですが、
もちろん真相は誰にもわかりません。

ここ志賀町は、
世界中から観光客が集まる金沢の町とも近いけれど、
違う方角に目を向けると、今でもたぬきやきつねに化かさそうな里山がすぐそこに。
そんなことを考えながら、町を見てみるのも、おもしろいですよね。