クルーズは山と海、豊かな自然に囲まれた能登半島のちょうど中間あたりに位置する静かな森の中にある宿泊施設です。

周辺は別荘地になっており、他にもいくつかのペンションや貸別荘があります。

そんな中、お問い合わせの電話をいただく際よく聞かれるのが、

「ペンションと貸しコテージ(貸別荘)ってどう違うんですか?」

という質問です。

間違ってご予約されるとイメージしていた宿泊体験と違ってがっかりという事のなってしまうので、

ここでは、「ペンション」と「貸しコテージ(貸別荘)」の違いについて簡単にご説明させていただきます。

 

「ペンション」とは

民宿のうち、建物が西洋風の瀟洒な外観・内装で、家族経営による小規模でアットホームなおもてなしと、食事も主に西洋料理を提供する宿泊施設を指します。

一般的に、バス・シャワー、トイレは共同となります。

ドイツやオーストリア、イタリア、スペインなどにおいては、比較的低価格で泊まれる小規模なホテルを指して「ペンション」との呼称が用いられることがあります。

これは、イギリスやアメリカ合衆国におけるベッド・アンド・ブレックファスト(B&B)や、フランスにおけるシャンブル・ドットに相当します。

日本では、おもに高原や温泉,スキー場などリゾート地に立地するものが多いです。

ホテルや旅館と比べて、オーナーやスタッフ、他の宿泊者とのコミュニケーションがとれ、人と人との関わりを感じたい方にはおすすめです。

まとめ
・小さなホテルのようなイメージ 
・部屋単位でのご予約 ・食事の有無を選べる ・同じ建物にスタッフや他の宿泊者がおりコミュニケーションがとれる

「コテージ」とは

コテージとは、いわゆる貸別荘のことで、1棟貸しの宿泊施設を指します。

シャワーやトイレ、ベッド、空調設備も備わっていますが、食事などは宿泊者が準備します。

自分たちだけで、広いスペースを自由に使えるのがコテージの魅力です。

そのため、家族や友達など、大人数でのご宿泊に最適です。

また、キッチンや調理器具を使って、自由に料理ができるのも大きな特徴です。

食材やお酒を持ち込んで、家族や仲間同士だけで、夕食や宴会を楽しむことが出来ます。

バーベキュー設備のあるコテージでは、BBQをすることもできます。

他のお客様と顔を合わせることはないので、滞在中は、宿泊者のみで貸切りできます。

プライバシーが保たれ、家族や仲間同士だけで気兼ねなく利用できる点も他の宿泊施設にはないメリットです。

まとめ
・自分の別荘のようなイメージ 
・1棟単位でのご予約 ・食事は付いていないので、キッチンでの料理やBBQなど自由 ・1グループでの貸切りなので、小さな子供連れでも気兼ねなく利用できる