我が家の近くの能登ロイヤルホテルに設置されていた風力発電風車が、先日の大雪の際の落の被害にあったそうです。今日の新聞には羽が一枚落下したとありました。よく見てみたら羽の先が一枚抜け落ちたようになっていました。確かにあの25日の朝は雷がすごくて近くに落ちたような光と雷鳴がありました。北陸は雷が多く、特に冬の雷はパワーが強いので風力発電はあまり適した土地ではないといいます。風車は凄く大きく、とても優雅で美しかったので残念です。一基一億円以上すると聞いていますが直すのでしょうか。


  


こういう形状の風車(これは別の風車)が無残にも羽が一枚折れました。何メートルもある羽だけど、他に被害が無くてまだ良かったですね。f

落雷