穴水湾

能登半島には外浦と内浦の海があり、外浦は荒く、内浦は穏やかな海です。当ペンションは外浦側ですが、夕方訪れた穴水湾は遠くに能登島にかかるツインブリッジが見え、水面は鏡のように穏やかでした。ツインブリッジの手前に見える黒い浮きはカキの養殖場で今が旬です。古くから能登に伝わる漁法でボラ待ち櫓というのがあるのですが、これは日がな、海の中に組んだやぐらのうえで、ボラが網の中に入ってくるのを待つというとってものんびりした漁なのです。夕方になっても、おじさんがんばっているのかしらと見れば、実は人形です。もうこの漁法をする人はいないのでした。こうしてのんびりと海を眺めていると、能登はいいなあとあらためて感じました。h


   


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ 能登半島

Follow me!

穴水湾” に対して1件のコメントがあります。

  1. メグandしゅうさく より:

    Unknown
    自然がいっぱいっていいよね。
    東京は今日(24日)、雪がぱらつきました。
    積もればメグとしゅうさく、遊べたのですが。
    ジェラード、食べてみたい!

  2. lustymonaka より:

    Unknown
    自然はいいけど、都会にも住みたい・・ジェラート食べに来てください。美味しいですよ。今夜(1月24日)は雷がなり雪がふっています。明日はつもっているかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です