先月機種変した携帯の契約内容変更の為、羽咋のソフトバンクへ行ったついでに、今やブランド米のひとつになった「神子原米ーみこはらまい」で知られる、羽咋市神子原にいってきました。
羽咋市から富山に抜ける山間にある小さな村ですが、この地で獲れるこしひかりが1俵4万円もする人気米。ローマ法王献上米としても有名です。
他との差別化、高級志向、ブランド志向で人気があるのでしょうね。
そのお米も売っている国道沿いの産直販売所に立ち寄ると、観光客の方たちでしょうか、やはり、神子原米を買ってらっしゃいました。
うちで使っている志賀町のお米も、同じ気候条件下で丁寧に育てられている無農薬のこしひかりで農家の方からわけていただいているので、負けずにとても美味しいです。
喉が渇いたので中能登町の茂久葉酪農さんとこのヨーグルトを飲みました。ビンがいいですね。ビンを返すと50円キャッシュバックでした。f

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 神子原米