奥能登国際芸術祭が開かれています!

Let’s go to the Oku-Noto Trienniale ! (9/3〜10/22)
Stay at Pension CRUISE.
It takes 1.5 hours by car CRUISE to there. 
Online reservation here

9月3日(日)〜10月22日(日)までの50日間、
能登半島の先端の珠洲市にて行われている、奥能登国際芸術祭。

総合ディレクターは、北川フラムさん
様々なトリエンナーレや、国際芸術祭など、数々の有名アートイベントを開催されている方です。
他にも、直島の地中美術館(見に行きました。すごく迫力ある美術館でした!)の総合ディレクターなどでもあり、
まさに第一線で活躍しているアートディレクターです。

会場は、石川県珠洲市全域。
参加アーティストは、11の国と地域から!
まさに珠洲市全体が、展示場となっているわけですね。

見に行きたいけど珠洲は遠そう…と思っている方、クルーズに宿泊して、国際芸術祭に参加してみてはいかがですか?
実はクルーズから珠洲の見附島までは、車で約1時間半。
クルーズのある志賀町は、能登半島の真ん中にあるので、実は石川県の観光にぴったりなのです。
金沢まで車で1時間、輪島までも1時間、珠洲市までは1時間半。

たとえば、1泊2日の宿泊だとして、
1日目は、ゆっくり珠洲を回って、夕日とともにクルーズにもどってきて夕食を食べ、
2日目は、帰りがてら21世紀美術館で鑑賞…
なんて、アートな旅も、できちゃいます。
夕食なしの宿泊にして、海鮮丼を食べてこようかな…とか、カスタマイズも色々!ご相談下さい★

しかも今なら、奥能登国際芸術祭の入場チケットを見せていただければ、
お泊りの際に、ささやかですが、クルーズから珠洲の塩サイダーをプレゼント!
ぜひご利用ください!

奥能登国際芸術祭のオフィシャルサイト

クルーズのネット予約はこちら

クルーズの宿泊料金表はこちら