僕と浜田省吾との付き合いは長い。もう、30年くらいかな。初めて聴いたアルバムが「君が人生の時」。この頃テレビでもラジオでも浜省の「風を感じて」の曲がカップヌードルのCMで流れていた。同世代の人間として、歌詞に共感を感じ、そのメロディーがポップで美しいことに感動して、一気にファンになってしまった。その後もたくさんアルバムを出しているが、一番といわれると困ってしまう。そして一番の曲は?といわれるとまたまた、もっと困ってしまう。「誰がために鐘はなる」とか「Jboy」もいい。ロック色の強い曲もいいし、ちょっと複雑な愛の歌のバラードも良い。へこんだ時、いつも助けてもらった。コンサートもいっぱい行った。もちろんアルバムやDVDも全て持っている。本やグッズもたくさんある。同世代の人間が頑張っているんだと思うと、自分もがんばらなくてはと励まされる。これからも、いい曲書いて、コンサートして頑張ってくれ。そこで今日は浜省になってみました。笑ってください。h


psなりきってるつもりでも、この写真には大きな間違いがあります。さて、それはなんでしょう。