もなかはパソコンのキーをたたいていると、必ずといっていいほど、机に乗ってくる。そして、全く躊躇することなく、キーボードの上を歩き回る。新聞を読んでいれば必ず、邪魔をして新聞の上に乗って読ませてくれない。猫って自分が愛されていることを、確信しているみたいだ。こちらが忙しくても、それどころじゃなくても、強引に、だっこや、なでなでしろと迫ってくる。これがなかなか、逆らえないのよね。以前にゴールデンレトリーバーを飼っていた。とても賢く、人の気持ちを察してくれる犬で、いつもなにかいいたげな目をして、従順で本当に可愛い奴だった。彼はまさしく飼い主をご主人様と思っていてくれたと思う。かまってやらなくては可愛そう、いつもいっしょに居たい様子でこちらも、気をかけてやらねば、寂しい思いをさせているのではないかと気がかりだった。それに引き換え、もなかは強引に甘えてはくるが、しばらくすると突然あっさりと離れてしまう。そして呼んでもも見向きもしない。猫にとって人間は同居人で、都合のいい保護者で、パトロンで、時には下僕でもあるけれど、決してご主人ではない。でも、確かに愛はある。自分勝手なところが逆に私にとっては気楽でもある。f

  


 


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へゴールデンレトリーバー