BLOG

カテゴリ:もなか

もなかの脱走

2012.08.24

以前は家外出入り自由の気ままな猫だったもなかですが去年より、大病をして死にかけたこともあり、屋外出禁止令がいいわたされました。

けれどそんなの何も守らない彼女は、この暑い日々の続く夏季に乗じて、毎日脱走を試み、そして成功しています。

人見知りで、めったにお客様の方には行かないのですが、二階の非常階段の網戸が自分で開けられることを覚えてからは、毎夕脱走するのです。

 

中の暑い時は昼寝三昧。

 

そして夕刻のこちらが忙しい時を狙って脱出。

末娘が偶然それを目撃して、阻止しようとしましたが、すり抜けられました。

そこで非常階段を降りた彼女を大好きなおやつの袋をみせると、つられて戻ってきて、捕獲成功。

涼しくなればもう網戸じゃなくなるから、おとなしく室内猫になりなさい。f

カテゴリ:もなかコメント(2)

もなかの受難 その2

2011.09.11



この夏は我が家の愛猫もなかにとってかなりの試練の年だったようです。
風邪をひいて家出をし、弱ってしまった身体もようやく元気になってきたかな?という矢先のことでした。

ある日、娘がもなかを撫でていると、首の後ろ辺りに妙なしこりがあるのに気がつきました。
最初は触ったらわかる程度だったのが、2.3日たつと見た目にも目立つくらいになりました。
不思議と本人は痛くも痒くもないようで、触っても全く気にしません。
でも、急に大きくなるなんておかしい!と思い、獣医さんへ

すると、早急に手術をすることに(゜□゜;;
なんでも大きくなると、手術が出来なくなるそうです。
大きくなりすぎると、歩行障害や他の疾患に繋がるのだとか。
しこりの原因は検査をしてみないとわからないということでした。

もなかは緊急入院。翌日手術をして1日病院に泊まったあとすぐ退院しました。
これがそのときの写真です。

おわかりいただけたでしょうか。
背中の毛が剃られて、痛々しい手術のあとが…(;;)
鈍感なのか強いのか、痛がる様子は全くありませんでした。(これには少し安心)
そして検査に出してから10日、結果がでました。
「炎症性肉芽腫」良性の腫瘍で、再発や転移の危険はないとのこと。
悪性かもしれない…と思っていただけに、やっと心から安心することができました。
受難続きのもなかですが、今は剃られた毛ものびて元気です。
よかったね、もなか。f
カテゴリ:もなかコメント(0)

もなかの受難

2011.07.05


ここひと月の間、忙しかったのもありますが、飼い猫のもなかが病気になり、ブログを更新する気分にならなくて、ご無沙汰してしまいました。

6月始めごろ、声がかれ気味で、妙な咳と、頻繁なくしゃみをして、食欲もあまりなくなり、元気がありません。
風邪引きなのかと思い獣医さんに連れていきました。
やはり風邪ですね、ということで、飲み薬をもらい帰宅。
一日一錠の薬をむりやり飲ませたのですが、2日目の投与のあと、フラリと外へ出かけたっきり、帰ってきません。

いつもなら3時間くらいでもどるので、身体の具合が悪いのに大丈夫かなあと心配していましたが、なんと4日たっても帰ってこなかったのです。毎日「もなか〜」と大声で付近を捜して歩き、近所の方々や郵便配達の方、宅配便の方、別荘地の管理会社までWANTEDのもなか指名手配の写真をくばりました。

もうどっかで死んでしまったのではないかと、毎日めそめそしていましたが、なんと5日めに100メートルくらい離れたお宅から、「もなかちゃんじゃないかしら」との連絡をいただき行ってみると見るも無残な姿で、庭のベンチにすわっています。
雨でびしょぬれのうえ、げっそりやせて、目やにと鼻水でまるで別人、ではなく別猫。でも確かにもなかです。

ところが「もなかおいで」と手をさしのべるとよたよたと逃げていき、人の手の届かない、お隣の別荘の倉庫代わりのコンテナの下にうずくまってしまいました。

猫って具合が悪いと人にかまってもらいたくないのでしょうか。けれどこのまま放置しておいたら本当に死んでしまうかも。
日も暮れてきて仕事にもつかえてくるけど、絶対家に連れて帰るぞと、頭を入れるのがやっとのコンテナの下、夫が腹ばいになって、もなかをひきずりだす作戦です。
何度かの試みの結果、手までがぶりとかまれて泥まみれになりながら、それでもどうにか確保しました。

一度飼い主の腕の中に抱えられると、その感触を思い出したのか、あるいはそんな気力も体力もなかったからか、全く抵抗する様子はありませんでした。

写真の様な凄い形相で、食事も水もいっさい摂れず、口内炎や鼻血で、歩くのもやっとのふらふら。
翌日からまた病院にいって、点滴と更生物質の注射です。

2日間通ってもそう簡単によくなるわけもなく、日曜日にあいている別の獣医院にいきました。


診察をしてもらい、ウィルス検査もして、免疫不全のいわゆる 猫エイズ(FIV)感染症があることがわかりました。
外にあそびにゆく猫の40パーセントちかくがこのウィルスのキャリアだそうです。もなかも野良生まれで母親からの感染なのか、他の猫よりうつったのかわかりませんが、この恐ろしい病に感染していました。(人間にはまったく影響はありません。)

毎日、点滴と普通の更生物質に加えてインターフェロンも注射しに通いました。
えさを食べないので、1日3〜4回栄養の高い流動食を注射器状の器具で口に入れてやりました。
おかげで10日目くらいから口内炎もよくなり、その後食事も自分で採れるようになり、今は体重もふえはじめています。

 

けれどもなかにとって今一番つらいのはもう外に自由に出てゆけないことでしょう。
元気になるとすぐ、彼女は外出したがりましたが、ウィルスキャリアの猫は室内飼いが最善の病気予防といわれ、もう外は出ないように飼おうということに。

ここ2週間のうちに3度ほど脱走しましたが、いずれも3時間くらいで自分で帰宅してきました。けれど他の猫と接触したりけんかしたりしないという保証はありませんし、まだ風邪もしっかり治ってません。

やっとすこし室内飼いという状況に慣れつつあるのか、昼夜かまわずに外に出してと訴えて泣かなくなりました。
それでも恋しそうに窓辺に座り、庭を眺めています。
ああ、でも、もなか、あなたが我が家にいることがどんなにみ皆の癒しになっているのかわかりますか。もう9歳という老年になりつつあるけど、まだまだ、元気でいてね。f


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      


カテゴリ:もなかコメント(0)

夏ばて

2010.07.26


毎日暑い日が続きます。
我が家のペット もなかも日中は外出せず、お昼寝ばかり。
エアコンが嫌いな彼女もさすがにこの暑さには耐えられず、家猫状態。
で、その寝姿を見ると・・・

ほんと、夏バテして、ダウンしてるのかと思った。f
カテゴリ:もなかコメント(2)

ねこは炬燵でまるくなる

2010.02.08


先週、またもや、かなりの雪が降り、暦の上では春の始まり時期なのですが、今年一番といっていいくらい寒かったです。

そんな寒波もやっと去り、大分解けた雪のうえ、いたるところに鳥の足跡が。

多分よく庭で見かけるひよどりの足跡だと思うのですが、野鳥に詳しくないので違うかもしれません。
寒い冬のうちはえさを食べるのも大変だろうと思いますが、うちのもなかも雪がひどいので、庭にもでず家の中で寝たりおきたりぬくぬくです。
 


外に出ても数分で帰ってきて、寒かったよとひざの上にあたり前のようにのり、早く暖めてといわんばかりです。f
カテゴリ:もなかコメント(2)

新年早々

2010.01.04

2日3日と留守にして、帰ってきてみたら…
(毎年正月は、もなかに二晩お留守番してもらっています。)

もなかの顔が傷だらけに!!
いくら今年が寅年だといっても、年明け早々大喧嘩しなくても…
女の子(人間の年齢だともうおばさんだけど…)らしくやさしい猫になって、安心させてほしいです。

本人(?)は全くその気がないようです。
本当にトラになりたいようです。

カテゴリ:もなかコメント(4)

もなかの一日

2009.11.20


最近あまりスカッとしない天気が続くこの頃。
うちのいそうろうのもなかは退屈そうです。
物思いにふけっているような表情(?)をしていると思えば、日に日に寒くなっていく窓外を眺めてあまり外には出たくないみたい。
そして体中をなめなめ。
うちの中で飛び回って遊んでいたらまた眠くなっちゃった。  

そして夜になるとやおら外に出かけるのです。
日中は家の中にいて寝たり、つまらなそうにしていたのに。
やはり猫は夜行性なのかな。
自由に出入りできる、もなか専用の出入り口をつかって今夜も夜遊び・・
いってきま〜す。
 

カテゴリ:もなかコメント(2)

夏の一こま

2009.09.01


退院して一ヶ月。
少しづつ日常がもどりつつあります。
目だった後遺症は無いのですがまだ、雲の上を歩くようなフワフワした感じと、右手、右足の筋力が弱いのが不都合です。
こういう感じと一生つきあっていかねばならないのか、また月日を経れば気にならなくなるのか、あるいはすっきり治るのか不安です。
とりあえず日々の生活と仕事を上手に出来る様にがんばりましょう。

そういいながら新聞をみていると、しんぶんとはその上に寝るものだ、と思っているもなかが邪魔をします。

新聞を開いた途端に寝床が広げられたと思ってるみたい。
暇なもなかの仕事は皆のしようとすることを邪魔すること。
今度は次女の課題作成の仕事をベランダで邪魔しています。
もなかも結構毎日忙しいみたいです。






カテゴリ:もなかコメント(0)

もなかさがし

2009.08.24

8月も残すところ一週間、日差しはあっても吹いている風がなんとなく涼しいです。
しかしながら年中毛皮を着ているもなかにとっては…まだ暑いのかな?

とつぜんですがクイズ「もなかはどこにいるでしょう?」


もなかの入り口側のベランダです。写真のどこかにもなかが…














!!!!
「みつかっちゃった〜」


確かにここなら、狭くて涼しいかも


より快適な場所を求めつつづける、もなかなのでした。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ:もなかコメント(0)

もなかの日常

2009.05.07


もなかの一日は最近ざっとこんな感じ
11時 起床 食事
12時〜15時 散歩、見回り 時々けんか ベランダで昼寝も
15時〜17時 食事 昼寝
17時〜21時 散歩、パトロール、ハンティング
21時〜0時 食事したり、寝たり、家族の相手をしたり
0時〜3時 夜回り できればもう一度ハンティング 友猫(?)のクロちゃんと一緒のこともあるようだ
3時〜11時 ご飯食べて爆睡

ちゃっかりもなかについて家に入ってきたクロちゃん


帰宅時に外からお土産を持って帰ってくることが増えました。
なにせ、周りは自然いっぱいの環境ですから獲物にはことかきません。
一番多いのが小さな野ねずみ。これから爬虫類も増えてくる季節です。
もぐらやウサギやヤマバトをもってきたこともありました。
もなかにとっては戦利品を家族に見せたいのでしょうが、こちらは後始末がたまりません。ほんと勘弁してください。f


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

カテゴリ:もなかコメント(0)
1 / 3123

新着コメント

2013.06.20

カフェクルーズリニューアルオープン1

ありがとうございます。 コメントありがとうございます! お近... by クルーズ

2013.06.13

カフェクルーズリニューアルオープン1

はじめまして、初コメントです! はじめまして!めぐみっていい... by めぐみ

2013.06.13

カフェクルーズリニューアルオープン1

はじめまして、初コメントです! はじめまして!めぐみっていい... by めぐみ

ページの先頭へ