まいこが考えているくだらないことが書いてある、まいこのブログです。

一つ前はポケモンGOについて書きましたが、

同じ携帯ゲームでも、ここ十数年でずいぶん変わりましたよね。

十数年ほど前、今で言うガラケーでテトリスをしていました。

わたしはどんなにがんばっても、1万5千点くらいまでしかいきませんでした。

それなのに私の妹はいつも2万点以上いきます。

妹にコツを聞きましたが、別にただテトリス(四段一気消しで高得点の技)を狙ってやっているだけと言っていました。

私は考えました。

「1回テトリスが決まると1000点。(そのゲームではそうだったんだ)ということは、20回テトリスするだけで、2万点いくってことか!」

それで、20回テトリス決めるぞ!という気持ちですると、次からあっさり2万点いきました。

…こういうことって現実でもありますよね。

うまくいかなかったり、思うように進まない時に、すこし見方を変えるだけであっさりできたり、楽になったり。

わたしはこれを「テトリス二万点の法則」と名づけました…!

もうだめだーと思っても、「いや、まだ諦めるのは早いぞ、何か手があるはずだ…テトリス二万点の法則のように!」

というように、考えてみる…。それがうまくはまるときもあります。

でも本当は知っているんです。コツコツと努力できる人がいちばん強いということを…

私は地道にコツコツ積みあげるのが苦手です。

楽な方法をついさがしてしまう。

努力できるということは、すばらしい才能だと思います。

だから、自分の子どもには地道に努力できる人になってほしいなあ(でたー親ができなかったことを子どもに押し付けるパターン)

このコツコツ力、最近知った言葉で「グリッド力」っていうそうですね。

グリッド力が高い人は、コロコロと興味関心が変わったりしないそうです。

一つのゴールに向かって長い間努力できる。途中で飽きたりしない、と。

でも一方で、あたらしいことや知らないことに興味をもつ気持ちもあってほしいな〜と。勝手だな〜。

子どもに望む前に自分のグリッド力を伸ばすようにがんばれよって思いますよね。

このブログは地道にコツコツ続けていきたいと思っています。

これ努力か…?